動物園のにわか雨

あたたかいきみがことばをはなせたら。

産業系キャブフォワードをつくる。

随分と間が空きました。

変わったことはありませんが、元気です。

 

変わったことといえば、HOナローを始めました。

(ナローに限らずですが、縮尺や軌間については激しい議論があるようですが、わたしはにわかなのでそのへん無視。)

 

ナローに手を出した直接の引き金はトミーテックの「猫屋線」です。ネットを見ていると各所で様々な作品がアップされていて、楽しい限りです。皆さま、凄いのだなと思うことしきりであります。

ともかく、猫屋線を買いました。

f:id:welwyna:20180123182727j:image

L型ディーゼルと貨車2両セットです。写真の汽車はアルモデルの森林用Bタンクでして、これでガラクタをこんもり載せた猫屋線無蓋車を牽いて遊んでいました。

 

さて、前置きが長くなりました。

上のような遊びをしていましたら、「もう少しガラクタ運びに似合う汽車が欲しいよね」と思い始めるわけです。しかしヒネクレ者の私なんかは「なんかわからんが変わった汽車がいい」とも思うわけでして、「じゃあ作りましょう」となりました。

 

そして今回のテーマ、「産業系のキャブフォワード機関車」です。

 

はじめに、種車を用意します。

HOナロー蒸気機関車の改造種車には、トミックスのパーシーがちょうど良いという話をどこかで聞きましたので、そのようにします。

f:id:welwyna:20180123183505j:image

パーシーです。

 

さすがにこの顔で走らすわけにもいきませんので(大井川鉄道じゃあるまいし)、エコーモデルの煙室扉を同時に買ってきました。その他、煙突とサンドドームも買っておきます。

 

f:id:welwyna:20180123183719j:image

元のボイラー径では煙室扉がハマらなかったので、マジックのキャップを切り取ってボイラーにします(太さがちょうどよかった)。

f:id:welwyna:20180123183915j:image

一通り付けてこのように。

ここまでは何ともないわけで、問題はキャブです。

どうしようかね、と思いながら模型店を物色している最中、これまたエコーモデルの「荷物電車用扉」なるものを見つけたので、2種類組み合わせてキャブの顔を作ることにしました。

f:id:welwyna:20180123184308j:image

地方私鉄にありそうな、いわゆる「馬面電車」みたいな感じかと思います。素材は先に述べた荷物電車用扉の他、側面はBトレ岡山電軌、屋根はNゲージカトー103系(その名残でグロベンが付いています。)、ウラは紙です(形が酷くて見せられないよ)。

 

f:id:welwyna:20180123204657j:image

色を塗りました。13号機と命名。

 

f:id:welwyna:20180123204747j:image

キャブ下に適当にプラ材を重ねて高さを稼ぎ、KATOカプラーを付けました。

これで一応完成です。

 

f:id:welwyna:20180123204913j:image

f:id:welwyna:20180123204947j:image

今日も我が家でガラクタ満載列車を牽いています。なかなか絵になると思いませんか。

ちなみにこのガラクタ、むかし釣り用の板オモリを折り重ねてウエイト替わりにしていたのが大量に出てきたものです。つまり結構メカタはあるわけで、これを平気でガンガン牽くあたり、我が家では重量級機関車との位置付けです。見た目とあわせて、してやったりです。

 

こんな感じのナロー生活ですが、現状、貨車3両に対して機関車は4両もおります。バランス最悪ですし、この先どうなることやら…笑。

DD51のこと。

稲沢と四日市に、DD51に会いに行ってきました。
ほんの数分、見るだけ、しかしたいへん濃密で尊い時間でした。
本題は、後ほど。



エネルギーを要する文章を書くには、準備運動が必要なのです。
準備運動として、道中の話。

いつも通りリトルカブを駆り、R1を東へ。
列車の時刻を調べずに出たもので、稲沢が先か四日市が先か、たいへん迷いました。
栗東のR8分岐を通過する瞬間まで迷い、稲沢を先に決定。
結果的にはこれが正解でした。

稲沢までのルートは、
R1→r13京守線→R1→R8→米原駅→R21→岐阜駅→R22→稲沢駅。

カブでは初めての関ケ原越えです。
稲沢を先にしたのは、関ケ原は滋賀側から越えておいた方が楽だ、というのもありました。

f:id:welwyna:20160714181637j:image
寄り道をします。
こう見えて岐阜は本当に久しぶりで、それこそ市内に来るのは15年ぶりくらいじゃないかな。

岐阜を出たら稲沢へ向かうのですが、案外距離があるのですね。
岐阜〜名古屋はJR快速に乗ればすぐのように思ったので、これは電車がやたら速いだけなのだと。

様々な感慨がありながら、稲沢へ着くのでした。
f:id:welwyna:20160714182346j:image
f:id:welwyna:20160714182415j:image
f:id:welwyna:20160714182437j:image
(いっぱいおる!)

実はEF64-1000形を見るのは初めてかもしれないのでした。
0番台ならばそれこそ中央本線で見たりしたのですが、案外初めてが多いものです。
経験の浅さを知りますね。

会いたい彼はいないようでした。



稲沢でロクヨンを堪能し、ロクロク貨物を見届け、それでは四日市へ。
稲沢から七宝や甚目寺をうろつきながら、蟹江からはR1です。

そして四日市
ここからが、本題。
f:id:welwyna:20160714183732j:image
(あれは…)

f:id:welwyna:20160714183759j:image
1805号機!

彼に会いたかったのです。
DD51形のラストナンバーであり、私が唯一城東貨物線で写真を撮ったカマ。
14年ぶりの再会です。
会いたかった。

f:id:welwyna:20160714190212j:image
平成14年7月21日、蛇草信号場にて。
(元の写真は見れたもんじゃないので加工しました。)

城東貨物線を走るDD51形は「おらが町の機関車」でした。今考えれば。
当時は、本数は少なく、たまに見ればのろのろ走っている、という印象でした。
元々電車好きであった私を鉄道にのめり込ませたのは、他ならぬDD51形の牽く貨物列車だったのですが、それは後から考えればの話、当時は大した感慨もありませんでした。
たまにのろのろ走っている。それだけ。

城東貨物線を撮ったのは、上の写真1枚きりです。
滅多に列車が来ないのでは写真の練習になりようもなく、さらに感慨もないのでは、こんなものでしょうね。

さて、時は流れて、吹田からDD51形が消えました。
城東貨物線がおおさか東線になった後のことです。
電化でディーゼルがいなくなるということは、電気機関車が来るということです。
前にもこのブログで書いたことがありますが、私は電気機関車が好きです。地元で電気機関車が見られるのは、嬉しいことでした。
「あぁ、そういえば最近見やんな。」くらいの感覚で、彼らは城東貨物線に来なくなりました。

しかし、寂しいなあ、と今になって思うのです。電気機関車になっても変わらずのろのろ走っている城東貨物線を見れば、ましてや機関車が過ぎた後の延々続くコンテナを見れば、そのようすは昔のディーゼルが牽いた貨物列車とダブって見えるのです。

そういえば、さよならを言えていないじゃないか。

DD51形の一部は、愛知機関区へ行ったと知りました。
写真に撮ったラストナンバーも、愛知に行きました。
こうして、やっと機会を見つけて、稲沢及び四日市へ出向いた次第なのでした。

話は四日市へ戻ります。

f:id:welwyna:20160714192228j:image
ラストナンバーが発車を待つ四日市駅へ、対向の快速みえ号がやって来ます。
立派なディーゼルです。彼が、今のDD51形と線路を共にする仲間のようです。

f:id:welwyna:20160714192443j:image
ライトを上げて…。

f:id:welwyna:20160714192605j:image
f:id:welwyna:20160714192620j:image
f:id:welwyna:20160714192632j:image
ずんずんとやって来ます…。
f:id:welwyna:20160714192704j:image
ちゃんと言えた、さようなら。
f:id:welwyna:20160714192742j:image
f:id:welwyna:20160714192752j:image
f:id:welwyna:20160714192805j:image
ああ…、
やっぱり行かないでくれ…!
f:id:welwyna:20160714192848j:image
f:id:welwyna:20160714192918j:image
f:id:welwyna:20160714192951j:image
行ってしまいました。

城東貨物線ではのろのろかったるく見えたディーゼルは、ここでは(或いは今日に限っては)足早に去って行くように見えました。

私がこうして普段通りのDD51形を見るのは、これが最後かもしれません。
四日市で偶然たまたまラストナンバーに会わなければ、今後も足を運んだかもしれませんが、今回彼に会えたことで、私のDD51形に対する感情に一区切りついたように思うのです。

先般、1801号機だったか、DD51形の最終全検として大宮工場を出場しました。
つまり、DD51形はもうすぐなくなるよ、ということであり、明確な終わりが見えたのであります。
今回足を運ぶに至ったきっかけの一つでもあります。
いよいよ本当になくなるということになれば、その際は今回のように見にいくかもしれません。
ただ、平穏なうちは、遠くで頑張っていて欲しいと思います。



以上にて用事は終了し、帰路です。
ルートは、R1→r103→r54→R1→R25→R163。
走行距離は、370kmでした。

うえ線タンカー。

本日の暇を活用し、向かう先は日本橋の「亀屋」さん。
多分上半期最後となります、うえ線貨物の貸しレ走行です。
メインはロクヨン重連タキ車。
これを踏まえた上での以下の写真群であります。

f:id:welwyna:20160618203148j:image
新鶴見新旧。
EH200は高崎だね、ごめんね。

f:id:welwyna:20160618203428j:image
いきなりムド付き。
設定はムドといえど模型はモーター動いちゃいますので、実際のとこ三重連、かなり力強く気持ち良いですヨ。

f:id:welwyna:20160618203738j:image
国鉄色を前に立たせます。意味はありませんがすばらしいです。

f:id:welwyna:20160618204007j:image
ロクヨン重連にタキ車3両。
辰野貨物のイメージです。

f:id:welwyna:20160618204110j:image
ワムハチとJRFコンテナは、合わないことはないと思っています。

f:id:welwyna:20160618213213j:image
西日をあびて。

f:id:welwyna:20160618204322j:image
夕焼け。

三時間おりまして、存分にタキ車を転がしました。
満足です。
ありがとうございました。
これでしばらく生きられます。

わがやの専用線。

前の記事でスイッチャーを作るなどと書いたわけですが、その必要もなさそうです。
理由は、マイクロエースDD16が使えそうだから。

DD16、長らく休車だったんですが、今回復帰しました。
休車解けるの5年ぶりくらいかな。
休車の理由は、カプラーの首振りが全くなく、カーブで脱線するから。
f:id:welwyna:20160616234631j:image
うえ線の貨車はkatoカプラーなのですが、DD16にkatoカプラー付けると写真のカーブで脱線します。
これでは非常に困る。

で、今回、モノは試しにと、katoカプラーの根元部分の左右(上下を留めるピンがあるとこね)を切り詰めて装着。
これで、カプラーポケットにがっちり嵌って動かなかったカプラーが、上下左右に1mmほど動くようになりました。
これで脱線はありません。
(ただしミニカーブレールは知らん。)

早速、机上が専用線ぽくなっています。
f:id:welwyna:20160616235349j:image
ディーゼルがいますと緑のタキ車が引き立ちますね。

f:id:welwyna:20160616235525j:image
コキワムワムタキワム。
何でもあり。

楽しい操車ライフが送れそうなのでした。

急のゼロロク。

8日水曜日、出張で大阪市内の店での業務でした。
ので。
これはチャンスと思い。
仕事帰りに梅田(信)へ。

5088レ。
日曜に被って失敗したので、消化不良解消のため、やりますよ。

f:id:welwyna:20160611154606j:image
予行演習はるか。

後ろのシムシティ
うまく日の当たるところは、電車が来たら隠れてしまう。

f:id:welwyna:20160611154827j:image
これがはるか来る手前だけど、隠れてしまっているでしょう。

写真を見返して「ん〜?」と上記のことを思ったときには時間が経っており、

f:id:welwyna:20160611155234j:image
f:id:welwyna:20160611155249j:image
f:id:welwyna:20160611155258j:image

あ。
ブレた。

5088レ、EF66-33牽引でした。

iPhoneじゃシャッター速度が遅いんかな、
いやぁ。

消化不良は続くのでした。

ローズピンクのかつてのヒーロー。

本日は吹田で用事のついで、千里丘で張り込み。
目当ては、配6550レと75レ。
事前の情報は何もなしだったので、配6550レは何が来るかな?状態でした。


f:id:welwyna:20160605225650j:image
単1487レ EF65-2065[新]
75レ充当のため大阪タ駅に送り込みです。

f:id:welwyna:20160605231548j:image
配6550レ EF510-9[富] + ムドEF81-725
まじかよ。
そういえば銀後藤の運用開始でEF81は代走運用もなくなったんだった。
廃車回送でしょうか。
他の方のブログ等によれば、区名札も抜かれているようで、言うまでもなく、という感じなんでしょう。
寝台特急に貨物列車に、私が胸踊らせたヒーローたちの終焉が始まりました。

そして、この列車が通るときだけ人が増えて、通り過ぎると千里丘駅は私だけに。

f:id:welwyna:20160606002720j:image
75レ EF65-2065[新]
架線柱が…。
先ほど単機で大阪タ駅へ行った2065が、コキ連れて高松へ行きます。
よく考えたら、75レは岸辺駅で順光カーブを撮れるのよね。
まあいいや、また来よう。

f:id:welwyna:20160606003142j:image
3051レ EF66-132[吹]
快走(西陽を受けて)。
66ラストナンバー手前ですね。
ええ、写真がヘタクソなので加工しまくりです。ひどい。

このあと、66代走5088レを撮りに西九条に行きましたが被られ、はるか待ち合わせの間に野田で待ち受けましたが被られ、意気消沈して帰りました。

PFが見たくて千里丘に行き、EF81廃回でかなしくなり、写真のヘタクソ加減にかなしくなり、被られてかなしくなり、なかなか現実はうまくいきませんね。

それでは。

吹田機関区にレッドベアを見に行った話。

題名の通りでございます。

どうやら北海道からDF200形123号機が吹田まで回送されてきたらしいので、24日、ある試験の帰りに寄り道してきました。



ぱちり。

f:id:welwyna:20160126180155j:image

建屋に入ってんので、あまりよく見えませんでした。
が、たしかにDF200ですね、初めて見ました。

幼少期にモノの本で知って、「凸と違ってかっこいい」など思っておりましたが、たしかにかっこいい。

改造のうえ稲沢に転属というのがもっぱらの噂ですが、どうなんでしょう。DD51形の置換え。
北海道も、室蘭の油槽所閉めたりで機関車余ってんでしょうか。
(耐寒耐雪装備ムダじゃねーの?)

近所の貨物線をDD51が走らなくなって少し経ちます。

ぱちり。

f:id:welwyna:20160126181409j:image

桃太郎(手前)とPF(奥)。さらに奥にはEF510だろうか。
(桃太郎とDF200は似てるよね。)
桃太郎は素直に大好きですね、かっこいい。

f:id:welwyna:20160126181729j:image

ついでにPFの仕事中の写真をば。
大阪貨物ターミナル発、高松貨物ターミナルゆきの75列車です。
かっこいい。

しばらく吹田に行く用事もねーわと思ってましたら、この日にEF510-500形が回送されてきたんですね。
知らなんだ、まあ富山所属ならそのうち近所でも見れるでしょう。



話は変わって。

吉澤嘉代子ちゃんという歌手が好きなんですが。
今度アルバムが出ますね、題名は「東京絶景」。

アルバムと同名曲「東京絶景」がYouTubeでちょこっと聴けますが、
東京は美しいだの、東京は星が見えないけど夢を見てるだの、
こいつ地方出身だったか?
と思ったわけですが、
よく考えりゃ川口じゃん、荒川渡ったら実家じゃんね。笑

そんなに違うんかねえ、
赤羽じゃあかんのかねえ、
と、思ったようなある平日でございました。

おしまい。