動物園のにわか雨

あたたかいきみがことばをはなせたら。

40錠。

おとなしくしねばいいのにって思ったでしょ?

おとなになりなさい、って頭の中でゆわれた。




妙義龍関負けた、8勝6敗。
勝ち越し決めてるからまだいいものの、やっぱり10番勝ってほしいよね。



久しぶりに、いらんことを思い出した。
人が落ちぶれるのを、どっかで、陰で、げらげら笑ってるかと思うと、踏切からの飛び込みが急に現実味を帯びてくるのよね。
どの口が言うねんと思われるかもしれないが、死ぬのはよくないし、何も死ぬまでのことはないし、仕事が嫌なら辞めたらいいし、地元に帰りたかったら帰ったらいい。逃げ道全てなくして、にっちもさっちもいかんくなったときにはじめて死んだらいいと思うんです。
じゃあ、時はまだまだみたいやから、死ぬよりはマシかと思って、薬に頼ることにした。
次の病院31日やし、あと一週間あるやん、耐えれるんかな、何の成長と回復もない姿に、おそらくおこられるんでしょう。
おまえになにがわかんねん、って言うたろ。

薬は人生の前借りってどこかに書いてました。
今は楽やけど確実に寿命縮むよ、って。
でも前借りしたら当座はしのげるんでしょ、じゃあ喜んで前借りします。
なんにしてもまわりの人々はかなしむみたいね。
みんな無神経やからきらい。
がんばれがんばれって定型文かなにかかな。

自分は今の仕事に致命的に向いてないのでそのうち辞めると思います。
何して生きていこう、わからんよね。

薬のんじゃってるからこんなことでも書けるのね、書きたくないことでも、なんでも書ける。
実は二日連続だ、ぼちぼち体が。
体のほてりとしびれが心地よい。



普通の幸せって何なんでしょう。
少なくとも薬使う生活ではないし、多少の悩みはあっても健康なのが前提よね。

じゃあ無理だ。



だれかおしえてくださいな、いまはとりあえず地元に帰って都市研のメンバーと会って当時を懐かしがりたいな、過去ばっかり見るなってだれかわたしを叱ってね。



職場での地位や階級を大好きな相撲の番付に例えて考えてみたら少しおもしろいなって思ったけど、今は前相撲あがりの序ノ口でしょ、これから序二段、三段目、幕下と上がっていくのに10年以上かかる、毎日のつらい業務を何千回とか続けていくのって、たぶんそのうち頭が拒絶してしまうなって思ったため、入門からわずか2年、序ノ口力士の身ではあるけれども、廃業してやろうと思った。
体力の限界、気力もなくなり、引退を決意しました。
九重親方におこられるな、ごめん、ごめんなさい。

あとは時期を考えよう。
おもしろいな。



幸せになりたいな、居場所があったらええな、なかなかそれは叶わんのよね。



そういえば、大学生のときは、院に行きたかったんだった。
やっぱり好きなことしたい。
つまらんことはもうやめた。



ばっちり。
これ以上ない。
たぶん明日は過去最高で、自分史上最高の一日を過ごすことになるでしょう、過ごすことになるきがする。
ということを考えとけばええかな。