動物園のにわか雨

あたたかいきみがことばをはなせたら。

薬のメディスン。

中央GI開幕、フェブラリーステークス
結局競馬見てるじゃん。

まあお気になさらず。

コパノリッキー強かったね。
向こう正面で番手に控えた武しゃん、鬼やなと思いました。
わからんけどね、田辺くんならハナ切ってたかもわからんよ、それか良くないスタートに焦ったかも。
凄いもん見たな、って思いました。

ところが、フェブラリーの前にも凄いもんを見てしまってたのでした。
ローカル重賞って大好きなんですが、小倉大賞典があったんですね。
カレンブラックヒル、いらんと思ったねんけどなあ、やられたね、58kgで押し切られちゃ他は何もできやんよ。

当のフェブラリーは、好きなインカンテーションが2着に入り大満足、さすが印鑑、これから実印って呼んだげる。


連続休暇明けて一週間仕事して、ふらふらになりました。体の調子はおかしく、もうだめ、所属長からも、人事課長からも、主治医からも、休め、って言われて、また二週間休むことになりました。
大阪に帰るバスの車内でこれを書いています。
期末の追い込みの時期、先週仕事が軌道に乗って、よしちゃんとやっていける、って思った矢先、ポシャって、無念のリタイアです。
やっと自分が戦力やって自分で思えてきたとこやのに、しかも追い込みの時期に、自惚れなのかもしれないけれど、その戦力を落とすことになってしまったのは、悔しくて、悲しくて、辛くて、やりきれない。
徳島までの汽車、ほんとに泣きそうだった。
なんでもっと、うまくやれないのかな、って思ったのが、やっと、実はうまくやれる、って思えてきたとこやのに、なんでこう。
体はとても軽いのに、なんで心はついてこないんだ、心は前を向いて、ばりばりやろう、って思うのに、なんで体が足を引っ張るんだ。
先週、職場でやる気に満ち溢れて、ばりばりやりましょうね、引っ張るつもりでいきますからね、先手取られてもしがみついていきますからね、ってずっと言うてたのに、あれは調子に乗ってただけやったんか。
なんでこうなるん。
職場の皆様には、本当に申し訳ない、ごめんなさい、よろしくお願いします…。

どんどん痩せてきてる。
痩せるのは最初はうれしいけれど。
食べるのが恐くなっちゃった。

なんでおなかはへるんでしょう。

人が恐い次は、食べ物が恐いのか。
わたしはふしぎないきものだ。

毎日仕事の夢を見ます。
恐怖です。
でも、実際仕事以外にすることがない。
だから先週頑張れたのに。

せめて、二週間、職場の業績がうまくいきますように。
もうこの立場になった以上、願うことしかできないじゃない!

今日は暖かくて、バイクで営業に向かうにはもってこいのお天気でした。
かくいうわたしは、屋内で二週間の引き継ぎをしているのでした。
何してんねやろな、って思いました。
何もなくなったような気がしました。
定時より前に帰るのは大変心苦しい思いがしました。
本当にごめんなさい。
なんでわたしはこんなにみんなの足を引っ張るんだ。
ほんまにいつまで。


バスは洲本を過ぎました。


明るい話題で終わりましょう。

大相撲春場所
妙義龍関が西小結として、三役に返り咲きました。
先場所は妙義龍関の相撲が励みになったので、彼は勝手ながら、わたしの恩人のひとりです。

今日は暖かかった。
まもなく、徳島に、春が参ります。
白線の内側でお待ちください。